数社の資格予備校の模範解答速報で!

本試験当日も、そして出勤した翌日の帰宅後も全く勉強しませんでした。


そして3日目の早朝に起きて、数社の資格予備校の模範解答速報と自分の解答を照らし合わせて、合格を確信いたしました。


早朝から自分の部屋で「やった〜!!」と叫んでしまいました。(苦笑)


190点から200点のレンジです。


ですが、模範解答自体が間違うことも多々あると聞いた覚えが・・・。
更に記述式の部分は採点をする方の基準が分かりません。


なので、嬉しさと不安感が付きまとう時期を過ごさねばなりません。


行政書士試験はもったいぶって合格発表を翌年の1月の下旬にいたします。


まる2ヶ月以上も受験生を待たせるのです。


択一式などマークシートなのですから、せめて年内に合格発表するべきです。
何のためのマークシートなのかが理解できません。


合格できたと思ったので、今更試験の基本書や問題集など見る気にもなれません。


そんな私は休日ごとに大きな書店に足を運び行政書士としての開業本ばかりを買い漁りました。


その時もこれで不合格だったら、1月から再び受験勉強を開始するモチベーションが自分に残っているかどうかすら不安でした。


本試験の受験から合格発表までの2ヶ月あまりは本当に針のむしろに座っているような感じでした。






posted by 試験合格で自分の未来を変えた男 at 08:36 | 行政書士試験合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。