試験に合格すると、気持ちいい!!

今日は理屈抜きで試験に合格したら気持ちがいい!!と言うことをお伝えします。


行政書士試験はご存知のように毎年11月の第二日曜日の13時から3時間かけて行われます。


その日の夜には大手資格スクールの模範解答速報がインターネットで見られます。


ここで多くの方は合格したか、不合格だったかは凡そ分かります。


ですが、得点が微妙な時は「ぬか喜び」は出来ません。


なぜならば、模範解答速報が間違っていると言うこともあるらしいのです。


ろりゃそうだと、思います。


中には難問、奇問もありますから。


それで、1月下旬の合格発表はここで見ることができます。
一般財団法人行政書士試験研究センター


都道府県別の合格者がここで発表されますが、ここに自分の受験番号が載ると本当に嬉しいものです。


何点で合格したのかを知ることができるハガキが送られてきます。


更に、数週間後に総務大臣と都道府県知事の連名の「行政書士試験合格証」が送付されてきたときが一番嬉しい時かもしれません。


多くの方が額縁を買って、合格証を壁に飾るはずです。


「苦労が報われた!!」と思う瞬間です。


この嬉しさを受験生には、早く味わっていただきたいのです。


理屈抜きで、本当に・・・気持ちが良いです。





posted by 試験合格で自分の未来を変えた男 at 16:41 | 行政書士試験合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不合格者は同じ勉強法は絶対にタブーです!

もし、あなたがすでに何年も不合格続きだったと
したら、その一番の原因は、あなた自身です。



すべてはあなたの決断です。



もっと、いうと、今のあなたの生活、
職場環境、人間関係、生活スタイル、収入etc...



すべてはあなたが作り出しているんです。



「収入が少ないのは、会社の給料が上がらないからだ!」
というかもしれません。



では、その会社を選んだのは誰ですか?



「スクールの教え方が悪いからだ!」



では、そのスクールを選んだのは誰ですか?



「通信講座のテキストが悪いからだ!」



では、その通信を選んだのは誰ですか?



まして、去年受からなかったスクールに、
「割引があるから」なんて理由で再度
通っていたら、「バカ」ですよ(苦笑)



ヒンシュクを売ろうが買おうが受験生から
嫌われようが構いません。



本当のことですから、言いますよ。



率直に言いますが、去年と同じ勉強法で
今回も不合格だったり、



去年と同じスクールに通って不合格だったり、
去年と同じ通信講座で勉強して不合格だったとしたら、
それは「バカ」のやることです。



なぜなら、この一年間、まったく成長
していないからですね。



「そんなことはありません。
今回は得点が伸びて、1点差で泣きました」
と、毎回、同じようなことを言っている人がいますが。



受かる人は、自己採点では択一だけで合格ラインを突破し、
一発合格していますからね。



ハッキリ、言いますが、去年と同じ勉強法だったら今年も確実に落ちます。




これは断言できます。



その一方、8年も9年も勉強して、通学でもダメ、
通信でもダメ、もちろん、独学でもダメだった
受験生が、なぜ、今回の試験で合格できたのか?



その理由は、【勉強法を変えたから】、です。



もし、あなたが今回の合格発表で悔しい思いをしたら、
今度こそ、マニュアルを活用してリベンジしてください。
行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!





リベンジを果たす受験生が共通していうセリフがあります。
それは・・・



「やっぱり、去年買って実践すればよかった。
そうすれば、もう一年、早く受かっていたはずです。」


という言葉です。



来年は行政書士になっていたいですか?



それとも、



来年も、苦痛な勉強をしていたいですか?



posted by 試験合格で自分の未来を変えた男 at 07:50 | 行政書士試験合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑い暑い夏を制する者は本試験を制する!!

梅雨が明けますと恐らく今年も猛暑。


ですが、本試験まで残り4ヶ月です。



コレからが受験勉強の佳境です。



今まで勉強したことが報いられるかどうかもこれからの4ヶ月にかかっています。



初めての受験の方でまだ全科目一通り学習していない方はガンガンやるしかございません。



数回受験をされる方はコレまでやられてきたことを何度も何度も反復学習するべきです。



これからの時期は新しいことをすることはNGです。



自分が勉強してきた中で、自分の不得意なところの攻略、模擬試験・予想問題集で間違ったところの復習に時間をかけるべきです。



今後気をつけることは、身も心も本試験シードを敷くこと。



総務省の試験官の説明などの時間を加えますと、3時間半近く緊張した中で試験問題を解答していかねばなりません。



3時間半に耐えうる精神力も必要です。


行政書士試験は周知のように年に1回、11月の第2日曜日にしかないのです。


問題文を読み返す時間など・・・・よほどのベテラン??の方でないとないと思います。(苦笑)
こんなベテランなどになってはいけません。



なので、模擬試験などで試験に対する感覚は養っておくべきです。



いずれにせよ暑い夏にどれだけの知識を蓄積できるかが合否を決することが多いと思います。



暑さは公平です。



「自宅の自分の部屋にクーラーがないぞ!」と、言う方はクーラーが効いた場所を捜してください。



その気になって捜せばいくらでも見つかります。


机に座って本を読むことだけが勉強ではございません。


さあ、歯を食いしばってラストスパートに臨みましょう!!


ギリギリまで諦めてはいけませんよ!!










posted by 試験合格で自分の未来を変えた男 at 09:18 | 行政書士試験合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。