本試験で学んだこと

いよいよ本試験が開始。


自分で考えて、一般知識を解いて、法令の記述式問題を解いて、残り時間すべてを法令択一問題にすると順番を決めていました。



ですが、思うように進まなかったのです。



一生懸命問題を解きましたが、自分がなんと書いたのかまではほとんど覚えていませんでした。



手ごたえはあったような、ないような・・・。


本試験で学んだことは、模試よりも極度の緊張感があり、実力がなかなか出せないこと。
試験の雰囲気にのまれてしまいました。



帰り際に私が通っていた資格予備校の方々が受験生にパンフレットを配っていました。



合格率が一桁の試験ですからほとんどの受験生は合格できないから、藁をもすがるような気持ちですよね?



そこで、講座の案内かい?(苦笑)



私は不合格でも、学費を半額にしてくれても同じ予備校に通う気はなかったのです。



2日ほどして、模範解答速報を見て・・・不合格を悟りました。



でもやれるだけやった!という気持ちがありましたので、もう一回だけ、本当にもう一回だけチャレンジすることといたしました。




もう一年予備校の選択肢はなしです。



通信講座もパス。



自分で独学を決め込んで本試験終了後の2日目から受験勉強を再開することにしました。
















posted by 試験合格で自分の未来を変えた男 at 23:31 | 行政書士試験合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。